プロフィール

GONBE

おなまえ:GONBE

むれ源平石あかりロード

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去ログ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

牟礼のまちだより
石の町・源平の町「香川・牟礼」の文化、芸術 そしてなつかしき風景(昔の写真)「むれ源平まちづくり協議会」「石あかりロード」の情報をお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牟礼出身のお相撲さん@ 「第四代 浅香山」
元旦の新聞に県出身の力士「琴勇輝」が紹介されていましたね~。

八島山1

その記事の中に県出身の幕内力士が表で紹介されていました。
八島山2

その中の筆頭。「八島山」は牟礼出身の力士です。
引退後、年寄「浅香山」を襲名しています。

偶然にも、むれコミュニテイ協議会が発行している「ほっとつうしん むれ」の新年号にこの八島山のことが紹介されています。
八島山3

昨年7月名古屋場所で、通算勝星史上1位(1047勝)の大関 魁皇が引退。
年寄「浅香山」を襲名しました。この「浅香山」の名跡は牟礼出身の力士とも縁の深い名でもあります。

ことでん塩屋駅北100mの海岸沿いに佇む塩釜神社。
その境内、本殿前には立派な庵治石製の注連柱(しめばしら)がそびえています。
前面には「人皆の朝け夕けに食ふ塩は この塩がまの神のたま物」という句、裏面には「東京大角力協会 年寄浅香山平見平八郎敬立」と刻まれています。
この平見平八郎氏が「第四代 浅香山」。
明治から大正にかけて大阪相撲では「平の山」、東京相撲では「八嶋山」という四股名で活躍しました。
引退後、年寄「浅香山」を襲名。
協会の木戸部長、勝負検査役、国技館監査役等の要職を歴任し、井筒部屋では部屋の知恵袋として信頼されていたそうです。
皆様も一度、塩釜神社を訪れて郷土の力士に思いを巡らせて下さい。


第四代浅香山 略歴
本名 平見熊太郎。
明治七年十月十九日 川東の平見平六の七男として生まれる。
明治二十九年九月 大阪相撲・時津風部屋に入門。四股名は「平の山」。
明治三十一年 東京・井筒部屋に入門。「八嶋山」と改め、五月場所三段目付け出しで初土俵。
大正二年一月場所を最後に引退。最高位は前頭二枚目。年寄浅香山襲名。
昭和二年五月二十六日没(五十二歳)。

コメント

>Hさん
コメントありがとうございます。

第7代時津風のお墓も牟礼にあります。
http://muremure.blog35.fc2.com/blog-entry-1036.html
22代庄之助も牟礼出身です。
http://muremure.blog35.fc2.com/blog-entry-1036.html
あの時代牟礼と大阪相撲は太いパイプがあったようですね。
[2012/02/05 22:16] URL | GONBE #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://muremure.blog35.fc2.com/tb.php/2381-45b97ee0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。