プロフィール

GONBE

おなまえ:GONBE

むれ源平石あかりロード

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去ログ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

牟礼のまちだより
石の町・源平の町「香川・牟礼」の文化、芸術 そしてなつかしき風景(昔の写真)「むれ源平まちづくり協議会」「石あかりロード」の情報をお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仁尾のまちあるきと本山寺へ~~
昨日は仁尾のまちと本山寺へ遠足に~。

仁尾のまちでは古い町並みをガイドさんに連れられてまちあるき。
仁尾1

出発するや否や前を通ったが伊藤製パン所。

ガイドさんに「今日はまだだと思いますよ~」と言われましたが、覗いてみると~~
仁尾2

ラッキーにも焼き立てがありましたよ~~。

早速購入。かぶりつきながらのまちあるきとなりました。

見どころたくさん、お寺もいっぱい。

そして、ある民家の前に来ると~~~
仁尾3
首のない4本足の人形が並んでいます。

わかりましたね~。これ、仁尾の伝統工芸品「張り子の虎」。天日乾燥中~。

こちらは塩で財を築いた松賀屋さんの邸宅。
仁尾4
立派です。

戦国時代は仁尾城の城下町として、江戸時代は交易の拠点として栄えた町。

時代は移っても古い家並みが残り、お宝や秘密がいっぱいの素晴らしい町でございました。


そして、お昼をいただいた後に~~。


お四国70番札所 本山寺へ~~。
仁尾5
国宝の本堂。重厚ですね~。


本山寺での目的は、大会への参加。

こちらもなかなか入ることが出来ない客殿へ。
仁尾8

最後のトリが落語。
仁尾6
つる屋白扇さんで、ネタはご自身の創作落語。

ちなみに高座は本山寺に伝わる年代物の高座。当然、お説教用です。

本人曰く「こんなとこに座らさえてもろてえんやろか~」ですって。

落語の前がチト硬かったので、その反動かよう笑っていただきました。

仁尾7
大会終了後、高速で帰路へ。1時間ぐらいで無事到着。

楽しい三豊への遠足でございました。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://muremure.blog35.fc2.com/tb.php/2678-32dbc6d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。