プロフィール

GONBE

おなまえ:GONBE

むれ源平石あかりロード

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

牟礼のまちだより
石の町・源平の町「香川・牟礼」の文化、芸術 そしてなつかしき風景(昔の写真)「むれ源平まちづくり協議会」「石あかりロード」の情報をお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詩吟で奏でる「源平盛衰記」
1年前から、本番当日は絶対に晴れますと言い切った「おだまきの会」のFさん。

1週間前から予報は雨。しかし、「大丈夫です」とのご返事。

一昨日の晩からは天気予報通りの雨。

しかし、朝起きると雨があがってます。

そんなこんなで、気を揉ましていただいたのですが、朝8時過ぎには予定通りと決定。

音響さん、大道具さんが仕事をしていますね~。Lifeの社長さんもご苦労様。
おだまきの会1

玄関前には立派なお花。素晴らしい~~。
おだまきの会2

これ、投げ入れただけの様に見えますが、口が広いのでめっちゃ難しいんですよ~。

んで、何のイベントがあったかと言うとこの屏風が発端だそうです。
おだまきの会3
画家の萱原友美さんが「静御前」の生涯に感銘を受け、描いたのがこの屏風。

作品のご披露を源平ゆかりの地でということでした。


こちらは、お茶会スタッフのミーティングの様子。
おだまきの会4
「お客様に粗相のないように、気配りを~」



お昼ごろから、お茶会が始まりました。
おだまきの会5
亭主は石州の藤田先生。

こちらがお菓子。
おだまきの会6
「蔦紅葉」です。おいしゅうございました。


そして、舞台はお庭へ~~。
おだまきの会7

詩吟で奏でる「源平盛衰記」でございます。

伴奏はお箏の生演奏。
おだまきの会8

こちらは、臥風流吟詠会大師範 少壮吟士の大森英風さん。
おだまきの会9

箏の調べにあわせて、吟じられる栄枯盛衰の物語。

おだまきの会10

素晴らしい舞台。お苦労さまでございました。


ということで、最後まで、お天道様に気をもまされましたが無事終了。

お疲れさまでした。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://muremure.blog35.fc2.com/tb.php/2684-80eb9fd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。