プロフィール

GONBE

おなまえ:GONBE

むれ源平石あかりロード

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

過去ログ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

牟礼のまちだより
石の町・源平の町「香川・牟礼」の文化、芸術 そしてなつかしき風景(昔の写真)「むれ源平まちづくり協議会」「石あかりロード」の情報をお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彦根へ
昨日、彦根へ遠足に。

まずは午前中に、安土城の天守閣を再現した「信長の館」へ。
彦根1
セビリア万博の日本館の展示の移築です。
豪華絢爛。信長の世界観を表しているんだそうです。

昼食後、彦根城へ。

彦根城を言えば「ひこにゃん」。平日にもかかわらずお出迎え~。
彦根2
カメラに向かって次から次へと何種類ものポージング。
おっさんもこのかわいさに癒されます。

そして、天守閣へ。こちらがベストポジションだそうです。
彦根3
国宝の威厳さを感じられます。

こちら、城壁の石垣。
彦根4
使われているのは宝篋印塔の台座ですね。
石垣に再利用されています。
『難を転ず』という意味があるそうです。
他にも、石棺も使われていました。
廃材の再利用。現代もどんどん進めてほしいです。

そして、名勝「玄宮楽々園」へ。
彦根5
湖面に逆さ城。
池にせり出した臨地閣は掬月亭のミニ版のようですね。
さすがに、大名庭園。良い庭です。

最後に、庭を眺めながらお茶を一服。至福のひと時。
彦根6
お茶碗は再興された湖東焼の「一志郎窯」
琵琶湖の豊富な水を思わせるように青の釉薬がどっぷりと懸かった茶碗で、釉薬と生地の景色が素晴らしかったです。

お城でたっぷり3時間。ガイドさんにこんなにゆっくり堪能されるのは珍しいっていわれました(w。
でも、もっと回りたいところもあったで「またいつか」を楽しみに帰路につきました。
コメント

>ルドルフおかんさま
お名前のルドルフを見て、あのルドルフをすぐに思い出しました。
娘さんにはお世話になっています。
んで、残念ながら「埋れ木」じゃなかったです。
「たちばな」というお菓子でした。橘は井伊家の家紋ですね。
ゆずの風味でおいしかったです。
[2014/06/11 18:52] URL | GONBE #- [ 編集 ]


お菓子は「埋れ木」やなかったですか?
こっそり、美味しいのですよ
[2014/06/11 11:23] URL | ルドルフおかん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://muremure.blog35.fc2.com/tb.php/3250-51715835
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。